夫が好きだという話

夫のことが好きでしょうがない。

ヒドいことをたくさんされたし、ヒドいことをたくさん言われた。

とんでもない心の傷をたくさん負わされた。

他の女と同じ名字を見るだけで吐き気がする気持ちも、他の女の地元の地名を聞くだけで耳を塞ぎたくなる気持ちも、ハンドルネームを見るだけでツバを吐きかけたくなる気持ちも、夫と出会わなければ味わうことがなかっただろう。

でも、好きだ。

全然趣味が合わない。同じ映画を見ても、感想が全然噛み合わない。だって見てる目線が全然違うんだもん。でも、そんなの全然関係ない。「その観点で見てるの〜?!」という新しい発見があってむしろ楽しい。

毎日帰ってくるのが楽しみ。

帰ってきて、私に「ご飯作って」って言ってくれるのが嬉しい。

犬と楽しそうに遊ぶのを眺めるのが幸せ。

「今日、化粧変えたんだ〜」と言ったら、「うん、こっちのほうがいいね」と言ってくれる会話が、本当に涙が出るほど幸せな気分になる。

どうして、こんなに好きなんだろう。

顔が好みだから?家族になったから?昨日デートしたから?

わかんない。

わかんないけど、とにかく好きだ。

仕事も美容もやる気が出る気がする。

ツラいことはたくさんあるけど、わたしは幸せなんだと思う。

いつも未来が見えなくて不安だったけど、最近は明るい未来が描ける気がする。